World Natural Heritage in Japan 日本の世界自然遺産

JP EN

About

日本の世界自然遺産について

1993年、日本ではじめての世界自然遺産が2件登録されました。鹿児島県の離島「屋久島」、そして青森県と秋田県にまたがる広大なブナ原生林「白神山地」です。2005年には北海道の北東部のオホーツク海に突き出す半島「知床」、2011年には東京都心から約1,000km離れた海洋島「小笠原諸島」、そして2021年には日本列島南部に連なる島々「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島(奄美・沖縄)」が登録され、全5件となりました。日本の自然遺産は、いずれもその豊かで個性的な生態系が評価され、希少な動植物を含む生命の循環を感じることができる場所です。

Video

オリジナル動画

Pick Up

おすすめ

知床半島の動植物と触れ合いながら、羅臼湖の神秘的な景色を堪能

知床半島の動植物と触れ合いながら、羅臼湖の神秘的な景色を堪能

もっと見る

満点の星が輝く夏の小笠原諸島で、アオウミガメの放流体験

満点の星が輝く夏の小笠原諸島で、アオウミガメの放流体験

もっと見る

黒潮が育んだ豊かな漁の文化。屋久島の食を探る

黒潮が育んだ豊かな漁の文化。屋久島の食を探る

もっと見る

このウェブサイトではサイトの利便性の向上のためにクッキーを利用します。
サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用にご同意いただきますようお願いします。
お客様のブラウザの設定によりクッキーの機能を無効にすることもできます。 詳細はこちら。

合意して続行する CLOSE