世界自然遺産
について

世界自然遺産とは

1972年のユネスコ総会で採択された「世界遺産条約」により、人類にとって現在だけでなく、次世代にも共有されるべき価値を持つ「世界遺産」が登録されるようになりました。

世界遺産には、大きく分けて「文化遺産」と「自然遺産」があり、自然遺産に登録されるためには「自然美」「地形・地質」「生態系」「生物多様性」いずれかの基準を満たす必要があります。

世界自然遺産は尊く儚い財産ではありますが、ただ遠くから見守っているだけで良いのでしょうか? それでは人々の記憶から忘れ去られてしまうかもしれません。

尊く儚い財産だからこそ、環境に配慮しながら訪れ、自然の価値を身をもって体験し、その経験を次の人々へ伝えていくことが重要なのです。いまこそ「世界自然遺産」と向き合う旅に出かけましょう。

日本の世界自然遺産

1993年、日本ではじめての世界自然遺産が2件登録されました。鹿児島県の離島「屋久島」、そして青森県と秋田県にまたがる広大なブナ原生林「白神山地」です。2005年には北海道の北東部のオホーツク海に突き出す半島「知床」、2011年には東京都心から約1,000km離れた海洋島「小笠原諸島」が登録され、全4件となりました。日本の自然遺産は、いずれもその豊かで個性的な生態系が評価され、希少な動植物を含む生命の循環を感じることができる場所です。

白神山地

登録年:1993
認められている評価基準:生態系

知床

登録年:2005
認められている評価基準:生態系、生物多様性

屋久島

登録年:1993
認められている評価基準:自然美、生態系

小笠原諸島

登録年:2011
認められている評価基準:生態系

登録の条件

世界自然遺産に認定されるためには、世界で唯一の価値を有する重要な地域として、「顕著な普遍的価値」を有する必要があり、それは以下の3つの条件を満たすかどうかで判断されます。
※以下、環境省「日本の世界自然遺産」サイトより引用

  1. 4つの「評価基準(クライテリア)」の一つ以上に適合すること(表参照)

    世界遺産の評価基準<自然遺産>

    • (ⅶ) 自然美

      最上級の自然現象、又は、類まれな自然美・美的価値を有する地域を包含する。

      屋久島
    • (ⅷ) 地形・地質

      生命進化の記録や、地形形成における重要な進行中の地質学的過程、あるいは重要な地形学的又は自然地理学的特徴といった、地球の歴史の主要な段階を代表する顕著な見本である。

    • (ⅸ) 生態系

      陸上・淡水域・沿岸・海洋の生態系や動植物群集の進化、発展において、重要な進行中の生態学的過程又は生物学的過程を代表する顕著な見本である。

      知床 白神山地 小笠原諸島 屋久島
    • (ⅹ) 生物多様性

      学術上又は保全上顕著な普遍的価値を有する絶滅のおそれのある種の生息地など、生物多様性の生息域内保全にとって最も重要な自然の生息地を包含する。

      知床
  2. 「完全性の条件(顕著な普遍的価値を示すための要素がそろい、適切な面積を有し、開発等の影響を受けず、自然の本来の姿が維持されていること)」を満たすこと。

  3. 顕著な普遍的価値を長期的に維持できるように、十分な「保護管理」が行われていること。

世界自然遺産でのマナー

世界自然遺産を訪れる際は、次世代に受け継ぐべき価値ある自然環境への影響は最小限に、豊かな自然を楽しみましょう。そのためのマナーやルールをご紹介します。

1. 野生動物に近づいたり、餌を与えたりしない
人間の食べ物の味を覚えた野生動物は、生活場所やスタイルが変化し、生態系が崩れるだけでなく、人里での農作物被害を引き起こす恐れもあります。

 

2. 遊歩道や登山道から外れない
一度踏み跡がついた場所の植生は、簡単には回復しません。景観や生態系をつくりあげるコケや動植物を守り、荒廃を防ぐためにも、移動や写真撮影などは、定められた道のみでお願いします。
登山道には、一部泥でぬかるんでいる場所もあります。長靴やウェアなど、装備は万全に。

 

3. 動植物を採取しない
自然遺産地域には、固有の動植物が数多く生息しています。そのひとつひとつが自然遺産地域の豊かな生態系を担い、美しい景観をつくっています。動植物の捕獲・採集・損傷は厳禁です。

 

4. 山や川、海の水を汚さない
トイレ以外の場所で用を足したり、自然遺産地域内で食器類を洗ったりすると、山や川、海の水が汚染されてしまいます。入域する際は、携帯トイレを持参し、汚れた食器は持参の紙で拭き取り、ゴミは全て持ち帰りましょう。

 

5. ゴミは持ち帰る
ゴミになるものは最初から極力減らし、ゴミ袋を忘れずに持参して、入域中に発生したゴミは必ず全て持ち帰りましょう。

 

6. 外来種を侵入させない
自然遺産地域の生態系に影響を及ぼす恐れがあるため、外来種を持ち込まないように注意してください。
特に、極めて高い固有種率を誇る小笠原諸島は、外部の影響を受けやすい生態系。小笠原諸島を訪れる際は、乗船前に靴底の泥や服、カバンに種や虫がついていないか確認しましょう。

スペシャルコンテンツ

  • 知床

    知床半島の動植物と触れ合いながら、羅臼湖の神秘的な景色を堪能

  • 白神山地

    白神山地の「美しい水」を体験する。沢歩きツアーの見どころ

  • 小笠原諸島

    小笠原諸島の固有種が多く残る、母島・乳房山トレッキングツアー

  • 屋久島

    垂直の大岸壁・モッチョム岳に登り、屋久島の自然と大海原を見下ろす

このWebサイトでは利便性の向上のためにCookieを利用します。
サイトの閲覧を続行される場合、Cookieの使用にご同意いただいたものとします。
お客様のブラウザの設定によりCookieの機能を無効にすることもできます。詳しくは、Cookieポリシーをご覧ください。

合意して続行 CLOSE