東京から南に約1,000km離れた父島、さらに南に50km離れた母島を中心として大小30余りの島々からなる小笠原諸島。大陸と陸続きになったことがない海洋島として、独自の生態系を形成しています。そんな稀有な生態系が評価され、2011年世界自然遺産に登録にされました。

父島へは東京から船で約24時間。小笠原諸島のなかには入島できなかったり、ガイドを伴わないと上陸できない島も。島を訪れる際は外来生物を持ち込まないよう、泥落としマットや粘着ローラーで、靴や衣服などに付着した植物の種子や土をきれいに取り除くことが必要です。簡単に近づくことができないからこそ、唯一無二の美しさを目の当たりにしたとき、自然の尊さを、より一層強く実感することでしょう。

こうして独自の自然環境が守られてきた島では多くの固有種、動植物を見ることができます。また「ボニンブルー」と呼ばれる紺碧の海では、年間を通してドルフィンスイムやサンゴを見ながらのシュノーケリングを楽しむことができ、1月から4月を中心にザトウクジラがやって来て、ホエールウォッチングも楽しむことができます。